伝説の日本刀:大包平

伝説の日本刀:大包平 大包平は平安時代末に作られた長さは89.2センチ、反りは3.5センチの太刀に分類される日本刀です。
歴史が極めて長いこともあって国宝に指定される日本刀の一つとなっており、作者は古備前派の刀工である包平という人物です。
包平は同じ備前に生きた刀工である助平、高平とともに備前三平と称される名工で、この大包平という名前も「包平が作った中でも特に包平の名にふさわしい」といった意味があって付けられたものでした。
ただこの日本刀の記録は池田家が所有していた以前のことを遡ることができず、平安時代から安土桃山時代の間にどのような道をたどってきたのかということについては全く明らかになっていません。
記録上は最初の持ち主であった池田輝政はこの日本刀を見て「一国よりも価値がある」と惚れ込んだとされていますから、当時の日本からしても極めて優れた一振りであったことがうかがい知れます。
ちなみにこの大包平は昭和42年に当時の文部省が美術品として買い上げて東京国立博物館の所蔵としたのですが、この時には6,500万円の値が付きました。
昭和40年代と現代を比較すると現代の方が物価が二倍ほど高いとするのが通説ですから、現代の価値に直すと1億3000万円ほどの値が付いた計算になります。

伝説の日本刀:大般若長光

伝説の日本刀:大般若長光平 『大般若波羅蜜多経』、この600巻にも及ぶ長いお経が、現在東京国立博物館所蔵の日本刀で国宝・大般若長光(だいはんにゃながみつ)の名の由来です。
鎌倉時代の刀工・備前長船長光によって作られました。
刃の長さは約74㎝、鋒は小さめで丁子刃に互の目の刃文、棒樋という彫り物が入っています。
全体的に力強いフォルムでありながら大変華やかな刀です。
日本刀の鑑賞の仕方はよく分からない、という方でも一目見ればその存在感に圧倒されることでしょう。
しかしなぜ、名前にお経が入っているのか? と思われる方も多いのではないでしょうか。
この刀は室町時代、刀剣の鑑定や研磨を生業とする本阿弥家が600貫の値をつけたことから、『大般若波羅蜜多経』600巻に掛けて「大般若」と呼ばれるようになりました。
いわゆる駄洒落です。
現在の貨幣価値にすると、なんと約3,000万円。
当時、高い値をつけても100貫、あの有名な正宗の刀は50貫であったといいますから、驚くべき値段です。
元々は足利義輝の佩刀で、織田信長、徳川家康の元に渡り、長篠の戦いにおいて武功をあげた奥平信昌に褒美として与えられました。
その後、武蔵国忍藩松平家に伝来しました。
長光の傑作と名高いこの大般若、その圧倒的な値段に裏打ちされた美と、持ち主たちの逸話に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

オススメの日本刀関連サイト

非常に安価な一振りから、国指定の重要美術品に至るまで、三百振を超える刀剣があります。

日本刀